ブログ | 若林寺

菅か小沢か!

菅か小沢か!

いよいよ次の総理大臣を選ぶ選挙がたけなわとなって来た。
メガネ和尚はこの選挙を通じてどちらが勝つと言うよりもこの選挙を通じて見えて来たもの、或いはこの後どうなるかと言うことをそれなりに述べて見たい。

まず驚いたことが一つある。
それはつい何カ月か前に引責辞任して党の支持率がV字回復した張本人に現在のところ約半数の国会議員が支持に回っているということだ。また場合によっては起訴も含めて微妙な立場に居ることも確かなのである。その人間に世論はともかく現職の国会議員の半数が支持している。これをどう見るかである。

これは言わずもがな左翼政権では困るという国会議員の集団意識と言うものが大勢を占めていると言っていいだろう。菅・仙石なんてのは元々労働組合のイケイケ隊長だった。何でも反対旧社会党の闘士だったのである。この輩が一国の総理と官房長官になっているのだから健全な保守派が立ち上がった結果だろうと考えられる。たった三カ月だから今のところ目立った赤化政策は取っていないものの、このままではクリーンな政治の言葉の裏でそのような政策が取られて行くことは間違いのないところだろう。
でないと現在の小沢にあれだけの国会議員がついて行くはずもない。つい三カ月前にベンチから退場したところなのだ。この選挙はわかりやすく言えば巨人と阪神のどちらかだろうと言う選挙である。元々の自民党でも総裁選挙はあった。ただこの選挙は4番バッターが金本か新井か或いはブラゼルかという選挙だった。誰でもちゃんと打って4番の重責を果たせば良いのだ。行く道筋は一つだが新幹線で行くか飛行機で行くかという選挙である。今回のこの選挙は巨人か阪神かという天下分け目の戦いである。東京に行くか福岡に行くかという全く今までとは異なる世界への誘いなのだ。それにノーを突きつけたセンセイ方が現在の小沢支持の中核を成していると思っている。

議論の構築はこうだ。
菅では絶対にダメだ。だとしたら誰が居る。対抗馬として現実的に完膚無きまでに赤化思想を叩き潰せる人は彼しかいないということになってくる。そこに異常な円高・株安が追い風になって彼ならなんとかしてくれるという希望感が人の心をつかんだと思っている。田中角栄さんでさえ無所属で裏で糸を引いていたのに彼は堂々と表門から入ろうとしている。いやそうせざるを得なくなったのだ。長年の自民党の体たらくで昨年の夏に政権をとんでもない集団に手渡してしまった馬鹿な国民の結果がこうなってしまった。自浄作用の一つでなないだろうか。

さてどちらが勝つにしてもその人が長期政権を維持していくことは不可能だろうし、ここまで組織を二分して死闘を繰り広げた集団が一緒にやれるはずがないと思っている。ストライキでは鉢巻をまいて先頭に立っていた人が挙党一致などとどの口が言っているのだろうと思う。ここまで一応現職の総理にノーを突きつけ、或いは対抗馬にあたかも犯罪者のような印象を与える発言をして事が終われば仲良く一緒にとはまずいかないだろう。まさに新井か金本かではなくて阪神か巨人かという根本的な問題に発展していくだろう。

ここからはメガネ和尚の願いだが、中堅の保守派の議員が合同となって新しい政党を作って歩んで行って欲しいと願う。具体的に例を上げれば民主党では前原くんや地元選出の梶原くん、自民党で言えば河野くんや石破くんなどが上げられるだろう。実際に森さんや伊吹さんの時代ではないことも確かである。

最後に誤解のないように一つ説明を加えておく。菅や仙石が労働組合出身だと叩いてきたが小沢も支持母体は労働組合である。ただ政権を或いは甘い汁を吸うために話に乗ったことと鉢巻組はおのずと根本的にイデオロギーの違いがある。菅や仙石では日本を全く違う所へ持って行かれる恐怖があるのだ。
これからの戦いと結果を興味深く監視していきたいと思っている。

こんな考えも!

こんな考えも!

今年も広島と長崎の原爆投下の日が過ぎ、終戦記念日が近づいている。
特に長崎と広島の日にはマスコミはこぞってその報道に終始している。
それはそれでいいのだが、ただ何となく彼らの好みで彼らに都合よくしか報道されていないのではないかと思う。
特に長崎市長の挨拶を聞いていると本当に彼はそう思って言っているのか疑わしくなってくるのだ。ただそう言っているのは彼だけではない。オバマ大統領も会場に現れたイギリスやフランスの代表者も国連の事務総長も同じことを言っている。でも長崎市長と彼らは大きく違う。それは長崎市長は被爆者の票で当選して市長になっているのだ。遠いアメリカやヨーロッパの国の人とは立場も何もかも大きく違う。

でもその彼ら全てを含んで何と責任感の無いことばだろうと思ってしまう。この地球から核爆弾を廃絶すると言う実にきれいな言葉だが本当に実現すると思っているのだろうか。思っているなら本当の馬鹿だし思っていなくて言葉だけを発しているとするならばこれほど日本の国民を侮辱したことはないと思われる。長崎市長など前述の理由で国家的裏切り者であり偽善者である。

核というから話が大きくなりすぎてわからなくなっている。これを警官のピストルと置き換えて見るとよくわかるだろう。ご存知のようにピストルは兇器にもなれば悪の力から正義を守る道具にもなる。警察官の制服とピストルは犯罪の抑止力にもなる。核もまた同じなのだ。
今から各国が競って核爆弾を作るのなら彼らの話もわかる。しかし現在は何万発と言う核爆弾が世界中にあふれているこの現代では、それを最初に誰が捨てるかなんて話がどうして成立すると言うのだ。
愚かな人間は中国をはじめとして二酸化炭素の排出に素知らぬ顔だ。核にもこの原理が当てはまる。
しかも現代では東西冷戦の代わりにテロの国家や集団が横行している。世界の警察と言うアメリカでさえ手を焼いている上に、彼らの標的はアメリカを初めとするユダヤと先進国なのだ。まるでヤクザと警察の抗争と同じではないか。ヤクザが持っているのはせいぜい拳銃だ。しかし彼らが自動小銃やバズーカ砲や核を持たないと言う保証などどこにも無いのである。その中での核廃絶は世界のパワーバランスに大きく影響するだろう。
そんなことがもし起こったら長崎市長はどう釈明するつもりなのか機会があったら聞いてみたいものだ。

結論を書こう。
核廃絶、或いは戦争回避は私も大きな目的であり願いだ。しかし地球の上では局地戦はテロを中心として未だ衰える所ではないし、印パのように国家間の戦略に利用している国もある。まず世界の覇者と自負するならアメリカがこういう国家間の利害やテロに対して敢然と立ち向かい解決することが先決なのではないだろうか。その上同じ目的をもって進んでいく国家に武器など必要ないから段階を踏んで削減していくという方法が原理原則であろう。

そういうことを無視してただ何でもかんでも核廃絶と歌いまくることは誰の心も打たないのではないかと思う。これから地球がどこに向かって進んでいくのかはわからないが、世界のサーモマップで中国とインドは真っ赤であるし、アメリカも批准していない。核廃絶の前に地球が滅亡するかも知れないのだ。
地球が滅亡しかけていても彼らはまだそんなことを言っているのだろうか。

本当に人間とは愚かな生き物だと痛感する。

政治考 (じっくりと!)

政治考 (じっくりと!)

管直人政権が誕生した。

一気に政界の風向きも変わって高い支持率を誇示している。

拙僧は長年の自民党員である。しかしこの政権にはある種の期待感を持って見ている。というのも現在の日本で総理大臣になれる貫禄や押し出しのある人はそういない。そしてそれを支える党員にまたそれだけの貫禄のある人と言えば、各条件を備えているのはこの人だけだ。
例を上げれば石破さんなどは私の押す総理大臣候補の一人だが、哀しくも同党にそれを支えて各大臣の職責を全うできる人材が無い。
つまりは管さんに頼るしか今の国民には選択の余地がないのである。

しかしこの政権はかなり期待度もある。
まず長年の政官癒着の権化だった方々がもう政府内にはいないのである。つまりは官僚に対してしがらみのある人がいないということは、事業仕分けなどを見てもわかるように堂々と新しいことに着手できる立場にあるのだ。
私が民主党が嫌いなわけは野合だったからだ。金権腐敗の権化である自民党田中派の重鎮と横路衆議院議長をはじめとする極左の勢力が政権と言う甘い汁を吸うために合流したと言うイメージがあった。石井一氏など手のひらを返したように長年お世話になった自民党に反旗を翻してきた。この節操の無さにはあきれたものだ。前鳩山政権はそれを色濃く残していた。
自民党政権下でも前原くん以下の新勢力、元々の民主党の諸君には私は大きな期待を持って見ていた。市民リーダーとはうまく言ったもので、管さんは旧社会党の流れをくむ人と言うこと以外に気に障ることはない。
大いに期待感を持って見ている。

ただ最初にも言った通りに経済や外交の力は未知数である。彼しか見当たらないという状況の中での政権だ。霞が関アホ発言の彼が今や優秀な官僚にはお手伝い云々とも言ってのけた。これは評判は悪いようだが私は少し違っている。労働組合などの何でも反対姿勢が大きく変わってきたからだ。労働組合は労働者の権利と義務を守ると同時に会社にとって獅子身中の虫になりかねない双刃の刃である。その委員長が大きく考え方を変えてきたということは本気なのだというとらえ方ができる。

じっくりと政権の行く手を見極めて、また評論したいと思っている。

政治考 (これよりないわな!)

政治考 (これよりないわな!)

社民党の福島党首が罷免された。

大臣としての署名をしなかったからである。

今回は彼女の行動と社民党の行動を比較しながらコメントをしていきたいと考えている。

まずはタイトル通りこれで良かったと私は思っているし、またこの方法しか社民党に道は無かったと考えている。
思い起こせば社民党の前身である旧社会党が自民党と連立を組んでほとんど死んでしまった過去の例がある。当時は毒まんじゅうを食ったと論評されていたことが重なって来る。
元々当時でも今回のと同じようにいずれはイデオロギーで衝突は避けられない民主党と社民党なのだ。外交や防衛、改憲問題と両党はほぼ同じ所はないぐらいの党なのである。いずれ改憲問題では今回のような問題が生じてくることは否めなかった。
ここで社民党が閣内に残れば以前の社会党の二の舞になることは確実である。政権与党ではなくなって何一つ決めることはできなくなるが、反面今回のこの離脱は社民党としては多くの国民の賛同を得られると思う。つまりは今回の参議院選挙にはそれなりの結果を残せるだろうと考えられる。政権与党としての立場は失うが党は残ると言うことになるだろう。
どう考えても党が死んでしまえば与党もくそもないのだから、事実上こうするより方法は無かったしこれは私としてもよくやったと思っている。

しかしここでも何回も述べているように基地は沖縄でなければいけないのだ。自民党政権とアメリカと地元沖縄の方々が薄皮を剥ぐように断腸の思いで辺野古という地を選択した。この外交防衛の接点を避けている社民党の考え方はもう国内はもとより世界で通用しなくなっている。
これしか方法は無いと申し上げたが、これから先も無いと言わざるを得ないのだ。

最後に今日(29日)付けの毎日新聞の一面左上に書かれてあった記事が今回の一連の普天間問題を総括していると思う。私の所は兵庫北部版だから全国的に見れば記事の位置は違ってくるだろうけど一読するとすぐにわかるので一度目を通して欲しい。

政治考 (怒られちゃったよ!)

政治考 (怒られちゃったよ!)

絵にかいたような愚行政治が繰り広げられた沖縄でちょっと意外な光景を見た。

普天間の小学校で聴衆の女性だろう、鳩山くんに詰め寄るシーンがあった。

これには二つの意味で大きな驚きを覚えたのだが、それは後で書こう。
ここではその時の彼の驚きと困惑の目が忘れられない。
おそらくは彼の生涯で家族以外の人に詰め寄られるという光景は、生まれて初めての経験だったに違いない。

生まれて初めて見る光景に彼は困惑し驚いたのである。

まさかいくら宇宙人でも新聞は読むだろうしテレビも見るだろう。側近から現状の報告も受けているだろう。でも彼の物差しは一般国民や周りを警備するSPの警察官とも大きく乖離している。その理由はここでも何度も述べてきたから繰り返さないが、あの驚きの目はそれを如実に物語っている。
この1シーンが彼の総理としての資質に欠ける一番の大きな点だろう。

一寸と言う人と1cmと言う人とは永久にその違いを理解しない限り融合理解と言うことはあり得ないのである。

もう一つ例をあげれば月に何千万円ものお小遣いをもらっていることを、「こういう家庭に育ったものですから!」とバッサリ切り落とされたら国民は次の言葉をどう発すればいいのだろうか。

今回の出来事の要因の一つはそのままの感覚で国事に当たったことがあげられる。
お気の毒と言うほかは無い。

二つの驚きとはこの女性が詰め寄った瞬間のSPの対応である。
一つはその警護の緩慢さだろう。例えばあれが屈強な男性か学生とみられる人だったらウンも言わさずその場に押し倒されたことだろうと思う。
レーガン大統領が打たれた時のように何人ものSPが折重なるように屈伏すだろう。私が言いたいのは相手が女性だからとするこの甘さである。
例え女性だろうとその時に武器を持っているかも知れない。火器を発するかも知れない。彼らはそう訓練されているはずである。

今一つはその警護自体の手薄さだ。テレビで見たところ鳩山くんの正面には2・3人のSPしかいなかった。だからこそこの女性も鳩山くんの目の前まで行けたのだ。
先進国家としてはおそまつとしか言いようが無い警備体制だった。
しかも行ったタイミングは最悪だったと鳩山くん自身が発するほど平時の訪問とは異なったはずなのにね。

平和ボケとしか言いようのない集団だったな。

政治考 (頑張れ鳩山!)

政治考 (頑張れ鳩山!)

もちろんこれは揶揄である。

ただわかりきってはいるものの、この人の困っている姿は何となくかわいくて助けてやりたくなるのも事実でしょう。
目が澄んでいて少年のようですもんね。
もう国民のほとんどは彼を総理大臣とは思っていないでしょうから。

今夜は普天間について書いてみたい。
現在の迷走は政権と言う甘い蜜を何が何でも吸いたいがために悪友のそそのかしで、時の政権政党と正反対のことを言っただけのことなのですから。
彼らが熟成した政治家集団だったら取った時のことを少しは考えて、もう少し言外にほのめかすとかぼかして言っておけば良かったと思う。

しかし沖縄の皆さんには叱られるかも知れないが前政権で言ってきた『なぜ沖縄なのだ!』ということをもっとハッキリと説明すべきだったのでしょう。
まず日米安保条約で決められているきまりを全く無視して、まるで沖縄の皆さんの関心を買うためだけに媚びおもねった結果がこれである。
核を保有しようとしている拉致国家と反日が政策の第一歩と思っているこれまた核を大量に保有する国家がすぐ隣にあるのである。ボンクラ憲法とは言うものの、現行憲法がある限り抑止力としてアメリカは最大にして最高の同盟国なのである。グァムやサイパンでは遠すぎるし、海兵隊を運ぶ基地が部隊の居る場所より何百キロも離れた徳之島では有事の際の動きが沖縄と比べて問題にならないのだ。
キャンプシュワブ沖に決まったのもそういういきさつも踏まえて断腸の思いであったろうと思われる。

それをこの問題には何も触れずしてただ沖縄の皆さんの関心を買うためだけのような、県外移設などと大風呂敷を或いは大ボラを吹いたがための窮地なのである。

自業自得であることは言うまでもない。

政治考 (どうする鳩山)

政治考 (どうする鳩山)

民主党政権になって8ヶ月、あの夏の夜の夢からまさかこんなことになるとは誰も思っていなかったな。

しかし考えてみれば無理もない、金権腐敗の権化である自民党田中派の幹部と労働組合の幹部、更には自民党政権に純粋に否を唱える中堅議員の三者が、政権と言う果実を口にしたいがためだけの野合に安易に相乗りした当然の帰結と言えよう。
しかも政権を取るためにはかなりの無理をしている。
小泉構造内閣の余波で大きく変わった政治の主導も、これをぶち壊すためには何でも手を付けたきらいがある。

しなくても良い連立では憲法問題で躓くのはあたりまえなのに、まさかその前の普天間でこけてしまうとはね。
政治主導はいいのだがこの普天間問題でも官僚の根回しなどもいいとは言わないが、何も無いよりはずっといいに決まっている。

政権を取りたいが故に行った言動は今や足を引っ張る形になってしまっている。

例えて言うなら井の中の蛙とも言うべき愚行の数々は内閣の支持率に大いに繁栄していることだろう。

できもしない政策を自ら期限を切って約束するという、政治家としてはあまりに稚拙な振る舞いと言わざるを得ない。

まぁ慣れないことということで気の毒ということも思うのだが、何といっても国政の場である。すみませんでしたは通らないだろう。
解散が無ければこのまま4年間は政権は続くだろうけど、鳩山内閣は5月で終わりだと思う。

金持ちのボンボンには国のトップと言うこと自体が無理だったし、彼こそが一番の犠牲者だったかもしれない。

見ていて何ともほのかな人間性を感じるだけに、本当にかわいそうだと思う気持ちも出てくる。
願わくば引き際だけはしっかりとしたものにして欲しいと思う。

初めに!

初めに!

このブログを書くにあたってまず最初に書きたかったことがある。

それはイチローのことである。

私に言わせれば彼こそ戦後最高の日本を代表する人間ではないだろうかと思うからだ。

少なくともスポーツの部門では彼は断トツの存在ではないかと思われる。

その理由としては日本の大リーガーはたくさんいますが彼ほどの成績を残したものは誰一人していないし、何といっても継続する大記録と単年度の大記録とあわせ持ってなお且つまだ成長し続けているということである。
加えてWBC には全て出席してその中心的存在となって結果まで残している。シーズン直前の微妙な時に欠席する選手も多い中ですばらしいと言わざるを得ない。

先日韓国の40歳代の人と話をする機会があった。
この国の方々と仲良くしていくには先の大戦のことは避けては通れないと思って正直に侵略だということを私の口から話した。そうしたらこの世代の方は案外柔軟に対処してくれてお互いの国情を認識して話が弾んだ。
ところが何気ない話の中で話題がイチローのことになったのだが、彼は表情を一変させて不機嫌になった。後で聞いたらやはり韓国では日本軍よりもイチローの方がインパクトが大きいらしい。前回のWBCでの彼の発言に端を発しているらしい。

思い出してみよう、昨年のWBC韓国戦で相手の監督は一塁が空いているにも関わらず彼と勝負した。天晴れと言うよりも彼にしてみたらイチローを打ち取ってこその勝利で無いと勝ちではないと思ったのだろう。
相手の監督にセオリーを無視させたのも彼の実力の一つだったのではないだろうか。

それだけではない彼は新天地を求めて海を渡ってそこでの活躍は言うまでもないが、未だにマリナーズ一本である。この頑固さとそれを許さざるを得ない実力には敬服するばかりだ。

軟弱な日本人の多くなった昨今、彼の存在が我々の世代まで爽やかな風を送ってくれていることに感謝して最初のブログとしたかったのである。