ブログ | 若林寺

日本人最高のアスリート3人!

まずその3人とはイチロー・羽生結弦そして今一人と言うかリオ4×100mリレーの四人を上げることができる。過去にも素晴らしいアスリートはいたと思うがメガネ和尚としてはこの3人をビッグスリーと言うべきだろうと思う。

まずイチローはここにも最高の日本人として紹介していると共に、数々の栄光と共に長きに渡って本場で活躍したことは周知の事実である。そしてWBCにおいては全て日の丸を背負って出場して結果まで出している。ここが松井などが及ばないところだろう。そして輝かしい年回最多安打の新記録も打ち立て、日本野球をアメリカに浸透させていった功績も大きい。まずは第一にこれを上げなければならないだろう。

そして二人目はやはりオリンピック二連覇の羽生弓弦くんだろうと思う。オレインピックの連覇ほど難しいことはないであろうと思う。しかも二回目の金メダルは目標にされてプレッシャーに押しつぶされるようなところでの連覇だったのには頭が下がる。そして四年に一回の大会にしっかりと正順を合わせてのトレーニングのマックスを持って来たというところである。イチローもそうだが個人の管理能力が全て整っているとしか言えない。

そして3人目は団体であるがリレーメンバーに上げたいと思う。覚えているだろうか、レース直後ゴールしたボルト一番に駆け寄ってきたことを。彼にして口をついて出た言葉が「ゴッドハンド」というものだった。彼にしてみれば3回それを見たはずだ、それでも日本チームのバトンパスは見えなかったのである。恐らく真面に戦えばこの段階では3位だっただろう、しかしアメリカの失格は実に焦ってこけてしまったのだのが原因だった。それもこれも見事なまでのバトンパスだった。お家芸と言われるまでも無いだろう。

ちなみにこれが最高のアスリートだったとしたら最低のアスリートもいる。

それはお母さんが危篤だといって帰国して間に合わなかったにもかかわらず、もう一度を夢に見ようと国民を付き合わせた女子選手。そして何かとりつかれたようにレジェンドと呼ばれている二人。見世物になっているのがわからないのだろうか。哀れな3人である。引き際を間違えばこうなるという典型的な例だろう。

嫌韓内閣!

安倍内閣も既に6年も続くといったい何回目の内閣改造かと思う。

ただし今日思うのはそういうことではなくて、戦後75年余りでお隣の国だけではなく我が日本が世界にもの申す内閣に転じた記念すべき内閣だろうと思う。8月2日のあの宣言から実際にそういうことがなしえる内閣だろう。今までは自民党内閣であったが外国の言いなりの内閣だった。あの中曽根内閣でさえそうだった。いよいよあのボンクラ憲法を改正して対等の物を持てる国になろうとする意欲が感じられる。

そんな中まずやり玉に挙げられる代表はあの品位のない嘘つき国と数を頼むしかない隣の大国だろう。ものつくりの出来ない組み立てるのが大好きな国である。半導体の制度は緻密である。これは日本人だけが持ち得る特殊な技術である。その国の大統領は国内産でまかなえると豪語したがやれるものならやってみなさい。国が滅びるときは戦争ではなく経済である。あのソ連でさえレーガン大統領の経済政策で滅びてしまったことでも証明されている。ましてや国家予算が東京都とほぼ同じのお隣さんは消し飛んでしまうことは火を見るよりも明らかだろう。

そうなる目玉は河野太郎防衛大臣、そして今一人は茂木敏充外務大臣の二人がこのポストに就いたことだ。外交・軍事が整ってこその経済であるからだ。おそらく世界のGDPの第二位はその国ではなく日本だろう事から、我が国の経済は充実している。その充実した世界ランクの中でたった一つ大東亜戦争以後軍隊を持てない国にされてしまった。その改憲を実現させる第一歩の内閣であろう。阿部さんのアメリカを巻き込んでまずこの品位のない国に鉄槌を下す内閣である。

哀れなのはそういう国の大統領とその国民だろう。反日反日と叫びつつ渦の中に埋もれて行くんだろうな。そしてもっと哀れな人はそういう嫌韓内閣の色合いをより薄めるために、名子役を表に出したことだろう。お父さんのように間違ってはいたが求心力がないし、やっていることは子役程度の事に過ぎないと思う。

お久しぶり!

このコーナーも長い間休んでました。理由としては一番の原因は面倒くさくなって来たと言うところだろうか、ただやろうという気はあったもののきっかけがなかったことも大きな原因だろう。

ひょんなきっかけから始めることになったのだが、それはある日の電話だった。このHPをお願いしている会社の営業マンからの電話である。元々再開したいなと言うことはある思いがあったのだが、きっかけというものは本当に突然やってくるものなんだなと思ったな。

その再開したいという気持ちはやはり自分の思いをそれなりに発信していこうという気持ちが固まってきたからだった。それは超保守の私の思いを発信したいということである。要するに若干ではあるが世間体も考慮していたのをハッキリと色づけをしたいと思いもあったからだ。

ちょうど今日は阿部改造内閣の顔ぶれも出てきたところで、そのきっかけとしたいと思ったからである。

facebookページ

facebookページもご覧下さい。

ブログが移転しました。

ブログが移転しました。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

いよいよです!

いよいよです!

ずいぶん長い間ご無沙汰していたと思う。
でもその間にもいろんな出来事が駆け巡っていたのだが、いよいよ3年少し前に我々が判断を誤った世の中が変わるときが来た。その記念にと結果が出るまでに今の気持ちを書いておこうと思ったのである。

本当に3年前にここでも大変な世の中が到来すると予言した以上に我が国が大きな曲がり角に来てしまった。世間の自浄作用といってしまえばそれまでなのだが、ここまで予想することは誰もできなかったといえよう。
ことごとく反社会的な様相を呈し資本主義社会で唯一労働組合が牛耳る政権だった。社会の悪の根源である日教組が与党の幹事長、外国有名紙に揶揄されたマザコン宰相、無能さを隠すために怒り狂う市民宰相、自らの権力を維持するためだけの時代遅れの男、そしてそれに振り回され利用された哀れな金メダリスト、極左の衆議院議長、隣接する某国に対して数々の供応を旨とする外国人参政権を付加しようとする議員連盟等数え上げたらキリが無いほどである。

それも今日で終わる!

そしてそれに驚異を感じたのかそういう輩を持ち上げるコメンティターも出現した。自らの勉強不足を棚に上げて過去の実情を取り上げてコメントする。しかもそれを公共の電波に乗せている馬鹿なマスコミもいた。考えてみても予算委員会で保守的な人が革新団体に対して質問をしていくという違和感きわまりない状況の3年間だった。

それも今日で終わる!

終盤は最後の悶絶としか思えない政界再編とも思える出来事も生じた。恥を忍んでというような言葉は彼らには無いのだろうか。現代のヒトラーと称した大学教授もいたが、何でもありのガキの使いのようなガキ大将。そしてそれに乗って何を考えているか節操も無い徘徊老人。見た目のネームバリューに最後の望みを繋いだはじき飛ばされた集団。その全てが大衆に迎合するかのごとく原発反対・消費増税反対をお題目に唱えて太鼓を叩き続けている様相は怒りを通り越して哀れさも漂っているようにも思う。

それも今日で終わる!

メガネ和尚が3年前に言ったように、金権腐敗の田中派と極左元知事が一緒の釜のメシなど食えるはずがないということが現実だったと思う。
そしてこの集団の最も大きな罪状はやはり売国奴の集団だったということに尽きる。尖閣諸島・竹島、そして沖縄問題についても無力と言うしか無いし、どっちの国の政府かと疑ってしまうような状況があった。これを売国奴というしかないと結論づける。外交に至っては空白の3年間だったと言える。日米関係は戦後最も冷え切ってしまったし、またその対抗勢力にもなめられ切ってしまった。世界の孤児ともなってしまった我が国の行く末だった。

それも今日で終わる!

今夜はどのテレビ局の放送を見ようかわくわくしている。
もちろんどの政党が政権を担ってもベストな政治はできないだろう。ただ我が国の方向性を示してくれる保守的な安定感のある政党が出てくることは間違いない。

我が国は天皇陛下を天にいただいて神代の時代から深い歴史を築いてきた。
日章旗をこよなく愛し、我が国を代表する『君が代』を斉唱する愛すべき国民の国である。

いよいよ!

いよいよ!

いよいよガラガラポンの時期が来たようである。

ここでも再三再四言って来たように元々理念など無い輩の集団の末路である。
髭の小沢家番頭が言っていた民衆党も終わりだと言うあの言動こそが無知の塊の代表格だろう。
政権が取りたいだけに終始したこの3年間だったが、それも終わりを告げようとしている。

ところで問題はこれからの事になって来る。
民主党もバカだけれど第一党野党の自民党も目立たないだけでそれにさほど変わらないようだ。しかも未曾有の震災と言う大きな課題を持って生まれて来る次の政権はやはり大きな意識を抱いている人達に委ねたい。

ここで一つ提言をしておこうと思う事は橋元一派の国政進出は民主党の二の舞になることは確かだ。確かに彼らの存在は大きいのだが橋元一人に頼っている所がある。ところが彼一人では何もできないし、彼とて国政にはまだまだ未熟である。次の舞台で大暴れして欲しいと願うあまり、今はその実力を蓄えて欲しいと思っている。

次の政権ははやり求心力の大きな人になって欲しい。野田でもいいし石破さんでもいいが、保守本流の流れを汲む人になって欲しいと思っている。このバカ民主党になって以来まず外交の問題が全く持って進んでいない。世界の流れに大きく水を開けられていることにもっと真摯に向き合わなければいけないと思う。デフレと円高は日本の企業の首を真綿のように締め上げている。早くそれに対して立ち上がって欲しいと願うのは私一人ではないだろう。
民衆党の常識人と自民党の若手の結党こそが望ましいと願う。
この未曽有の震災を初めとして問題は山積している。とてもではないが母親から月のお小遣いを一千万円もらっている宇宙人や労働組合の委員長などに任せられるわけは無い。彼らはむしろ国会議事堂の前で赤旗を振っているのが最も似合っているのだから。

国会においても野田総理と自民党の若手はそう考え方が食い違っていないと思われる。小沢のしがらみから脱却した今こそが最もチャンスではないだろうか。石原幹事長も石破さんも山本一太なども本当に国を憂う国士である。民主党にもその仲間が必ずいると思っている。今こそ立ちあがって日本国の礎になっていただきたいと願う。党名はどちらにも属さないと言う意味からして全く新しいものにする方がいいと思う。まさに日本国の新しい船出と言えるよう斬新な党名にして欲しい。
今度の選挙で橋元達が台頭してくるということはあるかも知れないが、まず小沢の取り巻きを根こそぎこそぎ落としてしまうことが肝要だろう。そして次のステップを踏んで欲しいと願ってやまない。

今年の年末にはこのような現象が起こる事を本当に願ってやまない。

野田総理誕生を見て!

野田総理誕生を見て!

久しぶりにこのいかつい顔が登場です。
この件に関しては新しい内閣の顔ぶれがハッキリしてからと思ってましたので、ちょっと遅れたことをお詫び申し上げます。

今度の新総理の行われた内閣も含めた人事に対しては総論としてこれができ得ることの精一杯のことかなと思いますね。

まずこの人事を一目見て言えることは心配りの挙党一致の人事と評価はできます。できますがここには国民のことは一切入っていないですよね。野田さんでも誰でもそうでしょうけどまず一番大切なことは与党に位置しなければならないということ、それには数の論理が最も大切だと言うことでしょう。いつも言いますように横道さんのような極左と金権腐敗の権化田中派の幹部とが一緒に仕事なんかできっこないのですよ。ですからこれを維持するためだけの人事と言えるでしょう。そしてそれは小沢さんの側にも言えるでしょうね。政権与党から滑り落ちることがあればただの刑事被告人ですから。

ただ野田さんもバカではないから今の日本を鑑みれば次に何をして行くべきかはわかりきっていると思います。
復興復旧につけて原発の完全終息が唯一無二の政治課題ですからね。その過程で現在の内閣や与党がどれだけ一致して仕事ができるかと言う事はまた別問題です。新内閣の中には名前も知らない人が居ます。そして名前だけの人もいます。この方々で今の日本が救えるとは到底思えないのですが。
野党ボケと言いますかやったことも無い国政の与党としては力量不足は否めないと思います。鳴り物入りの仕分け作業も今では言う人すらいない現状ではこの内閣で前に進んで行くことは困難を極めると思いますね。

ではどうすればよいかと言うことになります。
ハッキリ言えることはしばらくは無理と言うことです。

長くても2年後までには次の与党が成立するでしょう。小沢チルドレンは小泉さんの時と同じように陽炎のように全滅することだけは必至です。とすれば数の論理から言って政界再編の機運が真剣を持って再浮上することも間違いないことです。福島第一原発の状況も今よりももっと最悪になっていることでしょうし、各政治家も日本が放射能に完全汚染することに危機感を持って本気になって動くと考えられます。尻に火がつくというか背に腹は代えられないという悲壮感・もしくは危機感を持つに至らないと本気になって動けないと思われますね。
民主党の本気の議員も自民党や他の野党の本気の議員さんも実力があって実行力のある人達が自然に仲間を作って行くという現象が生まれてくると思います。だって彼らにしても自分の財産や家族が危機にさらされるのですからね。当然各党は解体して自民党や民主党と言う名前はこの世から消えることになります。そして前述のような本当に力のある議員さんが結集して本気で自分や自分の回りを救おうとしなければ解決など程遠いことでしょう。

原発では今でも放射能は垂れ流しで、それはどこかで止めなければ永久に続くのです。放射能はチリのようなもので払えば落ちるのですが落ちた場所でもほぼ永久に残るのですから、まず止めることに現在の科学の粋を集めて政治的配慮を持って臨まねばできる話ではありません。

ただ政治評論家も言っていますように内閣の評価は三カ月程度経過しないとできないと言っています。今は新総理が決まって言わば勢いで活動ができますが落ち着いて来ると各会派から色んな要求が出てくると言うことです。そしてその対応いかんではこの内閣も一挙に瓦解してしまう可能性とそれを乗り切って意外な実力を見せるかもしれない可能性も秘めていると思います。今ではそれを祈るばかりですね。

最後に今回の代表選挙からのドタバタ劇で現実的に考えて最高の選択をしたなという感じは持っています。
端的に言うとあの候補者の中では野田さんが最もマシな人だと思ったからです。海江田さんでも前原さんでも過去のいきさつやお金の論理で政治どころではなかったと思われますから。
民主党が最後に見せた常識でしょう。

地に落ちた『国民栄誉賞』

地に落ちた『国民栄誉賞』

初めに記しておきたい、メガネ和尚は今回のなでしこジャパンの成績をとやかく言うものではありません。
逆にこういう対象にされ、なお且つ誰が見てもさらし者になってしまったのがかわいそうに思っている。ご本人たちもおそらくそう思っているのではないでしょうか。

思いつきや軽薄な判断力によって彼女らの功績や過去の受賞者に対してこれぼど冒涜したものはないでしょう。もはやアホ管としか言いようのない最低最悪の総理だと認識してしまう。

さて地に落ちたというには二つの理由があります。

まず第一にこの今の現状の中でこういうことをすると売名行為と取られてもしかたのないことである。この国民栄誉賞と言うのは総理が決めて総理自らが授与するものだからだ。誰に相談することも必要なく勝手にできる唯一のものではないかと思っている。つまりは多くの人の賛同を得て世論をバックに決めたことでも何でも無いのである。震災の復興も総理大臣自らのリーダーシップなどどこを探しても無い、身内である与党の幹部からも辞めろと言われている総理が決めたことなど誰が喜ぶと言うのか。受賞した先週初め関係者がもし本当に喜んでいるとすればこれはバカとしか言いようがないが、それはないと思っている。世論の騒動を避けるために喜んでいる振りをしているのだろう。そして冒頭にも書いたがこういう総理が与えたものと過去の受賞者たちのものが同じと判断されると言う愚挙である。北朝鮮と関係の深く、拉致家族の意識を逆なでして平然としている日本国に対する反逆者と言ってもいいような総理からもらったものなどどうして喜ばれようか。

第二には言いにくいことなのだが彼女らが受章するならもっと過去にその候補はいたからだ。
オリンピックの女子ソフトボールチームなど枚挙にいとまが無い。しかもサッカーに特化するならこの日本にサッカーを国民的人気に育てたキングカズだろう。彼無くして男子のサッカーも彼女らの今回の金メダルももっと世界の潮流から遅れていたことは確かである。
実力的にはどうだろう。バレーボールと比べて見よう。
現在のなでしこジャパンの実力は日本の男子高校サッカーとほぼ同じレベルと言える。これはメガネ和尚の周りにいるサッカー関係者に聞いた話であるが、野球しか知らない私が言うのもなんだがこの意見には納得するものがある。方やオリンピックで優勝した女子バレーのチームに日本の男子高校生が勝てるだろうか。あのキューバの強烈なスパイクに日本の男子高校生はまず歯が立たないだろう。
これはマスコミもイケナイ。やたらこの金メダルをあおって国民的英雄に導いてしまった。この責任は重い。
子供に毛の生えたような総理大臣なのである。マスコミがこぞって讃えれば乗って来ることは目に見えていたはずだ。
言いにくいがこれはハッキリと言っておきたい、過去の受賞者の栄光と実力にはなでしこジャパンはその実力において遠く及ばないのである。
受賞は本人が断ってしていないがイチローやホームランの世界記録保持者王貞治と対等とはとてもではないが思えない。
これこそ彼女らをアホ管がさらし者にしてしまったのである。

女子サッカーはまだまだこれからである。澤さんも言っていたが世界一になるとそれを維持していかなくてはならない。これからの努力を願ってやまない。

なぜ管ではダメなのか!

なぜ管ではダメなのか!

ここのところの日本はある意味で無政府状態と言える。

政権与党の重鎮から総理大臣の批判ではなく辞めろとハッキリと公言するわ、内閣内からも早く辞めろという意見が続出している。しかもご本人は次の政策やその次の日本のあり方などをまことしやかに述べられている。
これを見て今の日本に政治空白と言うよりも無政府状態と表現する方が意を得ているのではないだろうか。

ではなぜ管ではダメなのかここで整理しておく必要がある。

まず第一に挙げられるのは彼の思想形態が社会主義を中心とした革新派であるということだろう。
彼の政治生活の根幹はここで以前にも述べたようにあの極左ばあさん市川房江の愛弟子なのだ。極左ばあさんが活躍していたのはもう日本史の世界での事なのである。国民の大半があの頃とは比べ物にならないような裕福な生活をして、社会構成やその細胞が全く変わってきていると言う事だ。
そして当時の社会主義と言うものは第二次世界大戦後雨後のタケノコのように林立した貧しい者を救済するとした共産主義の成れのはてである。言わば権力や富に対する抵抗がその根幹を成していた。それが彼の根幹にある以上一国の総理としては最も不適格な人材と言える。
この中央や権力に対抗して来た革新の血が体内に流れている以上、おぼっちゃま億万長者の鳩ポッポくんやイオングループのトップの岡田幹事長などとうまくいくわけなどないのである。ただこれは彼の責任ではないのでこのあたりでおいておく。

第二には知能は高いが統率力や求心力など皆無という人間性にある。
政治と言うものを振り返ってみるとその時代に即応した考え方とこの人について行ったら概ね大丈夫だという安心感や希望が持てるような政策をすることが根幹に無ければならない。時代は高度成長を遂げる目的で国民全員が働いていた昭和30年代の池田隼人、バブル景気の元にはなったものの国民に希望を与えなお且つその伝え方(演説)が巧妙だった田中角栄・小泉純一郎などは圧倒的な国民の支持を得た。
政策の善悪はこの際意味が異なるので述べないが、誰もがテレビに映る総理をみてこの人ならと言う安心感があった。これが皆無の人が一国の総理になどなってはいけないのである。

第三には意外に無能だったということだ。
逆に言えることは現在の状態のように孤立無援していたら何もできないと言うのが通り相場なのだが、意外にも反対の勢力ばかりで自分の周りで諭す人もいないと言う事はやりたい放題も可能だと言うことである。
これは一つ例を上げて見ると震災の被害者に一律一時金として100万円を即刻支払うと言うようなことも可能なのだ。いっても一国の最高権力者であり今は国家が未曾有の災難の時期である。たぶん国民の大半は賛成に回るだろう。ただ彼もそれはやっている。でもその全てが世の中の動きと歯車がかみ合っていない。脱原発などその最たるものだろう。脱原発は国民の承認を得ているとは言え、それは将来のことになる。今この夏を乗り切るための政策が見えていない。海江田大臣との意思の疎通が取れていないこともこれをみれば大変よくわかる。これを無能と言わずしてどう表現したらいいのだろう。

管さんの総理としての資格が無いと言う事は概ねこの三点だと思う。

我々日本国民は2年前に大きな大きな間違いを犯してしまった。
そのツケが今回ってきている。鳩ポッポと赤化管に日本を最低の国にされてしまった。
今我々国民は外交・防衛・経済と大きな問題を抱え、日本の心臓とも言える製造業があえいでいることを本当に心配している。この国難に対応するには政局ではなくて政策を中心として大きな政界再編が必要となっている。

エースの登場を期待して止まない。