日別アーカイブ: 2019年9月18日

日本人最高のアスリート3人!

まずその3人とはイチロー・羽生結弦そして今一人と言うかリオ4×100mリレーの四人を上げることができる。過去にも素晴らしいアスリートはいたと思うがメガネ和尚としてはこの3人をビッグスリーと言うべきだろうと思う。

まずイチローはここにも最高の日本人として紹介していると共に、数々の栄光と共に長きに渡って本場で活躍したことは周知の事実である。そしてWBCにおいては全て日の丸を背負って出場して結果まで出している。ここが松井などが及ばないところだろう。そして輝かしい年回最多安打の新記録も打ち立て、日本野球をアメリカに浸透させていった功績も大きい。まずは第一にこれを上げなければならないだろう。

そして二人目はやはりオリンピック二連覇の羽生弓弦くんだろうと思う。オレインピックの連覇ほど難しいことはないであろうと思う。しかも二回目の金メダルは目標にされてプレッシャーに押しつぶされるようなところでの連覇だったのには頭が下がる。そして四年に一回の大会にしっかりと正順を合わせてのトレーニングのマックスを持って来たというところである。イチローもそうだが個人の管理能力が全て整っているとしか言えない。

そして3人目は団体であるがリレーメンバーに上げたいと思う。覚えているだろうか、レース直後ゴールしたボルト一番に駆け寄ってきたことを。彼にして口をついて出た言葉が「ゴッドハンド」というものだった。彼にしてみれば3回それを見たはずだ、それでも日本チームのバトンパスは見えなかったのである。恐らく真面に戦えばこの段階では3位だっただろう、しかしアメリカの失格は実に焦ってこけてしまったのだのが原因だった。それもこれも見事なまでのバトンパスだった。お家芸と言われるまでも無いだろう。

ちなみにこれが最高のアスリートだったとしたら最低のアスリートもいる。

それはお母さんが危篤だといって帰国して間に合わなかったにもかかわらず、もう一度を夢に見ようと国民を付き合わせた女子選手。そして何かとりつかれたようにレジェンドと呼ばれている二人。見世物になっているのがわからないのだろうか。哀れな3人である。引き際を間違えばこうなるという典型的な例だろう。