日別アーカイブ: 2011年9月2日

野田総理誕生を見て!

野田総理誕生を見て!

久しぶりにこのいかつい顔が登場です。
この件に関しては新しい内閣の顔ぶれがハッキリしてからと思ってましたので、ちょっと遅れたことをお詫び申し上げます。

今度の新総理の行われた内閣も含めた人事に対しては総論としてこれができ得ることの精一杯のことかなと思いますね。

まずこの人事を一目見て言えることは心配りの挙党一致の人事と評価はできます。できますがここには国民のことは一切入っていないですよね。野田さんでも誰でもそうでしょうけどまず一番大切なことは与党に位置しなければならないということ、それには数の論理が最も大切だと言うことでしょう。いつも言いますように横道さんのような極左と金権腐敗の権化田中派の幹部とが一緒に仕事なんかできっこないのですよ。ですからこれを維持するためだけの人事と言えるでしょう。そしてそれは小沢さんの側にも言えるでしょうね。政権与党から滑り落ちることがあればただの刑事被告人ですから。

ただ野田さんもバカではないから今の日本を鑑みれば次に何をして行くべきかはわかりきっていると思います。
復興復旧につけて原発の完全終息が唯一無二の政治課題ですからね。その過程で現在の内閣や与党がどれだけ一致して仕事ができるかと言う事はまた別問題です。新内閣の中には名前も知らない人が居ます。そして名前だけの人もいます。この方々で今の日本が救えるとは到底思えないのですが。
野党ボケと言いますかやったことも無い国政の与党としては力量不足は否めないと思います。鳴り物入りの仕分け作業も今では言う人すらいない現状ではこの内閣で前に進んで行くことは困難を極めると思いますね。

ではどうすればよいかと言うことになります。
ハッキリ言えることはしばらくは無理と言うことです。

長くても2年後までには次の与党が成立するでしょう。小沢チルドレンは小泉さんの時と同じように陽炎のように全滅することだけは必至です。とすれば数の論理から言って政界再編の機運が真剣を持って再浮上することも間違いないことです。福島第一原発の状況も今よりももっと最悪になっていることでしょうし、各政治家も日本が放射能に完全汚染することに危機感を持って本気になって動くと考えられます。尻に火がつくというか背に腹は代えられないという悲壮感・もしくは危機感を持つに至らないと本気になって動けないと思われますね。
民主党の本気の議員も自民党や他の野党の本気の議員さんも実力があって実行力のある人達が自然に仲間を作って行くという現象が生まれてくると思います。だって彼らにしても自分の財産や家族が危機にさらされるのですからね。当然各党は解体して自民党や民主党と言う名前はこの世から消えることになります。そして前述のような本当に力のある議員さんが結集して本気で自分や自分の回りを救おうとしなければ解決など程遠いことでしょう。

原発では今でも放射能は垂れ流しで、それはどこかで止めなければ永久に続くのです。放射能はチリのようなもので払えば落ちるのですが落ちた場所でもほぼ永久に残るのですから、まず止めることに現在の科学の粋を集めて政治的配慮を持って臨まねばできる話ではありません。

ただ政治評論家も言っていますように内閣の評価は三カ月程度経過しないとできないと言っています。今は新総理が決まって言わば勢いで活動ができますが落ち着いて来ると各会派から色んな要求が出てくると言うことです。そしてその対応いかんではこの内閣も一挙に瓦解してしまう可能性とそれを乗り切って意外な実力を見せるかもしれない可能性も秘めていると思います。今ではそれを祈るばかりですね。

最後に今回の代表選挙からのドタバタ劇で現実的に考えて最高の選択をしたなという感じは持っています。
端的に言うとあの候補者の中では野田さんが最もマシな人だと思ったからです。海江田さんでも前原さんでも過去のいきさつやお金の論理で政治どころではなかったと思われますから。
民主党が最後に見せた常識でしょう。