月別アーカイブ: 2010年9月

菅か小沢か!

菅か小沢か!

いよいよ次の総理大臣を選ぶ選挙がたけなわとなって来た。
メガネ和尚はこの選挙を通じてどちらが勝つと言うよりもこの選挙を通じて見えて来たもの、或いはこの後どうなるかと言うことをそれなりに述べて見たい。

まず驚いたことが一つある。
それはつい何カ月か前に引責辞任して党の支持率がV字回復した張本人に現在のところ約半数の国会議員が支持に回っているということだ。また場合によっては起訴も含めて微妙な立場に居ることも確かなのである。その人間に世論はともかく現職の国会議員の半数が支持している。これをどう見るかである。

これは言わずもがな左翼政権では困るという国会議員の集団意識と言うものが大勢を占めていると言っていいだろう。菅・仙石なんてのは元々労働組合のイケイケ隊長だった。何でも反対旧社会党の闘士だったのである。この輩が一国の総理と官房長官になっているのだから健全な保守派が立ち上がった結果だろうと考えられる。たった三カ月だから今のところ目立った赤化政策は取っていないものの、このままではクリーンな政治の言葉の裏でそのような政策が取られて行くことは間違いのないところだろう。
でないと現在の小沢にあれだけの国会議員がついて行くはずもない。つい三カ月前にベンチから退場したところなのだ。この選挙はわかりやすく言えば巨人と阪神のどちらかだろうと言う選挙である。元々の自民党でも総裁選挙はあった。ただこの選挙は4番バッターが金本か新井か或いはブラゼルかという選挙だった。誰でもちゃんと打って4番の重責を果たせば良いのだ。行く道筋は一つだが新幹線で行くか飛行機で行くかという選挙である。今回のこの選挙は巨人か阪神かという天下分け目の戦いである。東京に行くか福岡に行くかという全く今までとは異なる世界への誘いなのだ。それにノーを突きつけたセンセイ方が現在の小沢支持の中核を成していると思っている。

議論の構築はこうだ。
菅では絶対にダメだ。だとしたら誰が居る。対抗馬として現実的に完膚無きまでに赤化思想を叩き潰せる人は彼しかいないということになってくる。そこに異常な円高・株安が追い風になって彼ならなんとかしてくれるという希望感が人の心をつかんだと思っている。田中角栄さんでさえ無所属で裏で糸を引いていたのに彼は堂々と表門から入ろうとしている。いやそうせざるを得なくなったのだ。長年の自民党の体たらくで昨年の夏に政権をとんでもない集団に手渡してしまった馬鹿な国民の結果がこうなってしまった。自浄作用の一つでなないだろうか。

さてどちらが勝つにしてもその人が長期政権を維持していくことは不可能だろうし、ここまで組織を二分して死闘を繰り広げた集団が一緒にやれるはずがないと思っている。ストライキでは鉢巻をまいて先頭に立っていた人が挙党一致などとどの口が言っているのだろうと思う。ここまで一応現職の総理にノーを突きつけ、或いは対抗馬にあたかも犯罪者のような印象を与える発言をして事が終われば仲良く一緒にとはまずいかないだろう。まさに新井か金本かではなくて阪神か巨人かという根本的な問題に発展していくだろう。

ここからはメガネ和尚の願いだが、中堅の保守派の議員が合同となって新しい政党を作って歩んで行って欲しいと願う。具体的に例を上げれば民主党では前原くんや地元選出の梶原くん、自民党で言えば河野くんや石破くんなどが上げられるだろう。実際に森さんや伊吹さんの時代ではないことも確かである。

最後に誤解のないように一つ説明を加えておく。菅や仙石が労働組合出身だと叩いてきたが小沢も支持母体は労働組合である。ただ政権を或いは甘い汁を吸うために話に乗ったことと鉢巻組はおのずと根本的にイデオロギーの違いがある。菅や仙石では日本を全く違う所へ持って行かれる恐怖があるのだ。
これからの戦いと結果を興味深く監視していきたいと思っている。